どうして歯周病を放置してはいけないのか:歯周病と全身の病気との関係

歯周病が全身に及ぼす影響●

歯周病 横浜 旭区泉区

科領域の疾患が全身に影響を及ぼすことは、すでに20世紀初頭に病巣感染説(focal infection)として提唱されてはいましたが、まだ科学的根拠・証拠は不十分でした。

しかし、近年では、全身疾患が歯周病の発症・進行に影響を及ぼすリスク因子となることが指摘されて、歯周病が全身の健康に害を及ぼしている可能性も疫学的に示唆されるようになってきました。

それでは、どういった機序で歯周病は全身に悪影響を及ぼすのでしょうか? ヒトの28本の歯が歯周病に侵され、すべての歯のまわりに深さ5ミリの歯周ポケットが形成されたと仮定すると、ポケット上皮の面積は約72平方cmにもなります。これは、大人の手のひらの面積とほぼ同じなんです。

つまり、これだけの面積の潰瘍(ただれ)が歯ぐきの中にあるということなんです。こんな大きな範囲で生体と細菌がせめぎ合いをしているということなんです。

また、歯周病は慢性炎症性疾患ですから、炎症歯周組織においては様々な炎症関連物質が持続的に産生されています。

その影響が歯周組織から全身に波及すると考えると、歯周病が全身に何らかの影響を及ぼすことが簡単に想像できると思います。したがって、いろいろな病気を起こす原因疾患となりえる可能性があると考えられます。

■歯周病が全身の健康に悪影響を及ぼす例■

1.心臓血管疾患

近年、疫学的研究により心臓血管疾患のリスク因子の一つとして、歯周病が注目されています。これまで研究により明かになっていることは、歯周病のあるヒトは、ないヒトに比べて、

  1. 心臓病を、1.5〜2.8倍発症しやすい。
  2. アテローム性動脈硬化症が、歯周炎と関連する。

ということが示されています。歯周病が心臓血管疾患に影響を与えるメカニズムとしては、炎症歯周組織で産生されるIL-1、IL-6、TFN-α等の炎症性サイトカインが、血流にのって心臓や血管に移行し、血管内皮細胞やアテローム中のマクロファージを活性化することにより、心臓血管系の梗塞を引き起こすのではないかと考えられています。

また、実際アテローム部位からP.gingivalis等の歯周病原生細菌のDNAが検出されています。

2.糖尿病

糖尿病は歯周病のリスク因子です。逆に、近年では歯周病が糖尿病のリスク因子である事を示唆する報告もなされています。

これまでに、糖尿病の程度の指標であるヘモグロビンA1c(HbA1c)や血糖値が、歯周病治療により低下したという報告や歯周病にかかっている糖尿病患者をモニターした結果、糖尿病の合併症である心筋梗塞、脳梗塞、高血圧などが重症の歯周病患者ほど多く発症したとの報告がなされています。

歯周病が糖尿病に影響を与えるメカニズムとして、TEN-αと呼ばれる炎症性サイトカインの影響が疑われています。

炎症性歯周組織から産生されるTFN-αが血流にのって細胞へ移行し、骨格筋細胞や脂肪細胞による糖の取り込みが阻害される、いわゆるインスリン抵抗性が悪化することにより糖尿病が悪化するのではないかと考えられています。

3.低体重児出産

近年、歯周病にかかっている妊婦は、早産(妊娠37週未満)や低体重児(2,500g未満)を出産するリスクが高いことが報告されています。

低体重児出産のリスクは約7倍も高いことが示されています。歯周病が低体重児出産のリスクを増大させるメカニズムの一つは、歯周組織の炎症に伴って産生される炎症性物質がなんらかの機序で、子宮の収縮を誘発し早産や低体重児出産を引き起こすのではないかと推測されています。

●まとめ●

これらの結果から、歯周病を無治療で放置することは百害あって一利なしということがおわかりいただけたでしょうか。このWebサイトでは、歯周病についての情報をどんどん発信していきたいと思います。 

                                              ▲このページのTOPへ 

歯周病の症状は

歯周病は、歯の表面に付着した歯垢(プラークといいます)の中にいる歯周病原性細菌の出す「毒素」が引き起こす炎症によって歯の周りの組織(歯ぐき)が破壊され、最終的には歯が抜け落ちる怖い病気です。

歯周病は、初期には自覚症状がありません。これが歯周病の早期発見を難しくしています。歯周病の治療や予防には、この病気に対する正しい知識を身につけることがとても大切です。

●歯周病の症状

  1. 歯をみがくと、歯ぐきから血がでる。
  2. 口臭がすると自分でも感じることがある。人から口臭を指摘される。
  3. 歯ぐき(歯肉)が腫れている。
  4. 朝起きた時に口の中がネバネバしている。
  5. 歯がグラグラしていたり、浮いた感じがする。
  6. 歯と歯の間にものがつまりやすい。
  7. 歯ぐきからうみがでている。または、うみの味がする。
  8. 歯がしみる。
  9. 硬いものを噛んでも、力が入らない。
  10. 歯ぐきが以前よりも下がった感じがする。

これらの歯周病の症状に思い当たる人は、少なからず歯肉の炎症や歯周病の進行が疑われます。

歯周病が、軽度ですと、ブラッシングで治りますが、実は「自分にあった適切なブラッシングができていないから症状がでてくる」ということを理解していただければと思います。

また、歯周病は、検査をしたうえで、歯科衛生士による適切なブラッシング指導の後、歯面にこびりついた歯石除去、必要に応じて外科処置をしなければ治りません。

歯肉の周りによく、抗生剤をぬったり、レーザーなどの治療もありますが、科学的根拠に基づいた適切な治療をしなければ、ただの時間の無駄になります。

歯周病の治療について詳しく知りたい⇒クリック

▲このページのTOPへ

「もう抜歯するしかない」と言われた患者さんへ

●マイクロスコープを使った、精密根管治療のご提案●

マイクロスコープをみる院長

「この歯の治療はもう無理だから抜いてインプラントにしましょう」と言われたので見てほしいと来院される方が非常に多くなりました。その歯は本当に抜歯するしか方法はないのでしょうか?

確かに末期的状態の歯周病の歯は抜くしかありません。しかし、適切な根管治療(根の治療、歯内療法とも言います)を受ければ助けられる歯が抜歯されている例が多いのも事実です。

なぜでしょうか?

根管治療は本来はとても複雑で時間がかかり難しい治療であるにもかかわらず、単に痛みをとるだけの簡単な処置だけしかされていないことがほとんどです。

その理由は、精密な根管治療は時間がかかり、技術修得も難しく、健康保険での評価もきわめて低い(つまりまじめにやればやるだけ赤字になる不採算治療)ということが原因なんです。

歯を助けるための最も大切な治療であるにもかかわらずです。インプラントもいいのですが、それは最後の選択肢としてとっておきます。本来のご自分の歯に勝るものはありません。

かさい歯科クリニックでは、健康保険の枠にとらわれないドイツ・カールツァイス社製マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた最善の精密根管治療を行なっています。

この治療で多くの患者さんが抜歯を回避してきました。根の治療をしたにもかかわらず腫れがひかない、痛みがとれないという患者さんはご相談ください。

▲このページのTOPへ

安心・確実な歯科治療の実践をめざして

当院は、「インプラント、歯周病治療、根管治療」に力を入れている横浜市旭区の歯科クリニックです。 最先端の設備、機器を導入し高い治療成績をあげています。

科学的根拠に基づいた最先端の治療法を積極的にとりいれ、患者さんが生涯にわたってご自分の歯で噛め、おいしく食事ができ、すてきな笑顔でいられることを最大の目標として日々研鑽をかさねています。

  御相談はこちらをクリック contact.jpg

インターネット予約

 

新着情報  木曜日以外に祝日のある週は、木曜日は診療日となります。 

▲このページのTOPへ

                                                                                  

歯科・横浜旭区でインプラント、歯周病、根管治療に取り組む

かさい歯科クリニック