入れ歯を考察する

入れ歯(専門的には可撤性義歯という)は、仕事だからよく患者さんにいれますが、その後どうなるかというと、何年も使ってると咬んでいる人工の歯の部分が摩耗して咬まなくなるんです。本人は、咬んでると思ってるんですが検査すると全然噛んでいない。そうなると、入れ歯以外の自分の歯同士がぶつかってぐらぐらになってしまって抜くしかない状態になってしまう。そのような患者さんが散見されます。入れ歯は作ったら終わりじゃなくて、定期的なメンテナンスや調整が必要なんです。ですから、入れ歯の方は、歯をこれ以上減らさないためにもかかりつけの先生に診てもらったほうがいいですね。