最新の歯周病の再生治療とは

従来の歯周病治療方法は、歯周 ポケットを浅くしてプラークコントロールしやすい口腔内環境を作ることが目標でした。しかし、歯周ポケットが浅くなることは、歯肉の退縮が伴い、どうしても歯が長く見えるようになるといういわば後遺症が残りました。

ha3[1].gif

どうしても歯が長く見える

かさい歯科クリニックでは、歯の周りに必要な骨や結合組織を再生させて、歯周組織をできるだけもとの状態に戻すという、歯周病の最新の治療法GTR/guided-tissue-regenerationをとりいれています。 

 ha4[1].gif

GTRのイメージ

しかし、従来のGTRは、エムドゲインの登場で使用頻度は減少しています。エムドゲイン法のほうが、術式がより簡便で痛みや腫れがでにくいのです。近年、歯科医学の発展にともなって従来は抜歯だとされていた歯もかなり残せる時代になりました。治療技術の革新によって歯を抜くことなく生涯使うことも可能になってきているのです。