歯周組織再生療法:エムドゲインとは

歯周病の治療法は?

比較的軽い歯周病は、歯ぐきを清潔に保つ治療を続けることで治せますが、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊が重度のばあいには、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要になります。この手術の際に、歯周組織再生材料という治癒を促進させるための材料が使われることがあります。これが、エムドゲインです。

エムドゲイン・ゲルとは?

エムドゲイン・ゲルは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しいブタ歯胚組織使用歯周組織再生用材料です。主成分のエナメルマトリックスデリバテイブは、子供のころ、歯がはえてくる時に重要な働きをするタンパク質です。現在の科学水準に基づく高い安全性のもとに、幼若ブタの歯胚から抽出精製したもので、2008年5月現在、世界44カ国で使用されています。

img1エムドゲイン.jpg

エムドゲイン・ゲルを使った治療方法

手術の前に

歯周組織の状態を調べるために、治療に必要な検査を行います。すべての症例でエムドゲインを使った治療ができるわけではありません。また、歯ブラシをしない患者さんやヘビースモーカーの方も治療の適応とはなりません。

歯周外科手術

手術は麻酔をかけて行います。手術にかかる時間は、約1時間です。抜糸は手術日から2~6週間後に行います。

●費用●

3分の1顎まで、一律120,000円です。