アマルガムの毒性って?

アマルガムとは何?

アマルガムとは、虫歯治療でつめる金属材料で水銀を50%含んだ合金です。正式には、「歯科用水銀アマルガム」と言います。アマルガムは、健康保険の材料として国が認可していました。1970年代から虫歯治療にはよく使われていました。しかし、アマルガムの約50%含まれている水銀が劣化し、長い年月をかけて体内に吸収されて体に悪影響を及ぼすことがわかりました。このため、現在は健康保険から外されています。過去の薬害も国が認可した薬剤でした。国が認めたからといって必ずしも安全ではない例はたくさんあります。自分でしっかり見極めることが大切です。

水銀は毒、その症状は?

水銀は唾液によって腐食し劣化します。長い年月をかけてアマルガムが劣化し、腐食したアマルガムの水銀が体内に取り込まれると、内臓に蓄積され、さまざまな症状を引き起こします。

症状の例

めまい、不眠症、いらいら、肩こり、頭痛、金属アレルギー、アトピー性皮膚炎、腰痛、背中の痛みなど
アマルガムを除去すると改善する例が多々あります。

最近話題になっているデトックス(排毒)やアンチエイジングですが、体内に蓄積された有害金属が老化、しみ、便秘、いらいらなどの原因になっているとしたら、まず、口腔内毒性しか材料の除去から始めるのが賢明です。有害金属の蓄積は、老化の大きな原因のひとつです